会社設立と個人事業主デメリット

会社設立も個人事業主もそれぞれメリットがありますが、同時にデメリットになる部分もあります。
これから事業を起こしたいと考えている方はそのあたりにも注目して、失敗しないように万全の準備をしてほしいと思います。
そこで今回は会社設立と個人事業主のデメリットをお話していきます。

まずは会社設立のデメリットですが、こちらは何といっても時間とコストをかかる点があげられます。
個人事業主の場合、好きなタイミングでスタートできることのほうが多いですが、会社設立となるとそのための手続きをしなければなりません。
定款の作成や認証をした後で法務局で登記申請を行い、税務署や市町村役場にも届出を出さなければなりませんので、準備に時間がかかります。
また書類作成には専門知識が必要なものもありますから、場合によっては税理士や司法書士など専門家の力を必要とすることもあります。
コストも株式会社の場合、設立費用だけでおよそ200,000円から240,000円かかりますし、そのほかにも資本金や各種手数料を支払わなければなりません。

一方個人事業主のデメリットですが、こちらは法人と比べると信用がない点が大きなデメリットです。
仕事をしていくうえで信用は非常に大きな要素ですから、これが少ないとなると仕事の幅も限られてしまいますし、人を雇うにも苦労することがあるでしょう。
さらに失業保険がありませんので、万が一職を失った場合に収入がゼロになってしまいますから、安定という点でも不安を抱えなければなりません。
収入自体も不安定になりがちですから、好きな働き方ができる反面稼げなければ生活も苦しくなるデメリットがあります。

このように会社設立と個人事業主にはそれぞれデメリットがありますので、この点をしっかり頭に入れて事業計画を立ててください。
ここで紹介したものはあくまでも一部ですから、自分でも情報収集を行って適切なほうを選んでほしいと思います。