会社設立するタイミング

現在個人事業主をしている方の中には将来的に会社設立をしたいと考えている方も多いと思いますが、ベストのタイミングはいつなのでしょうか?
まず最初に会社設立するメリットとして個人事業主のときよりも高い信用を得られる点があげられます。
これは実際に経験してみると分かりますが、法人化すると銀行からの融資の幅も広がりますし取引先の数も増えていきますので、個人事業主のときよりも事業を拡大することが可能です。
もちろんそのためには経営者自身が努力しなければならない点も多いのですが、将来的に事業拡大を狙っているなら会社設立のタイミングは伺っておく必要があります。

それでは具体的にベストなタイミングはいつかと言うと、一般的に税金や社会保険の負担も考えて売り上げから経費を引いた金額が800万円程度になった段階が良いのではないかと言われています。
法人化すると法人税を毎年支払わなければなりませんので、赤字が出ればそれだけ負担も大きくなりますし従業員が増えれば社会保険もその分負担になります。
したがって会社に余裕のある財力がなければ経営していけませんから、その点を考えるとこれくらいが妥当な金額ではないでしょうか。

ただお得になるという面だけで見るともう少し少ない利益でも十分に法人化は可能で、たとえば600万円の利益が出ている場合個人事業主だと所得税がおよそ70万円、住民税がおよそ47万円、事業税がおよそ14万円で合計約131万円になります。
一方法人化すると法人税が7万円かかるものの、その他の税金は大幅に減りますのでその差は100万円近くになるでしょう。
個人事業主から会社設立のタイミングは利益がどれだけあるかによって決まりますから、現在出ている利益が安定してきたら会社設立のタイミングを考えてみてもいいと思います。

さらにベストなタイミングを知りたいのであれば、専門家に現状の報告を踏まえてタイミングを相談してみるといいでしょう。