費用について

会社設立と個人事業主でははじめる際の費用が異なります。
これは大きな差がありますので、ここではそのあたりの話をしていきたいと思います。

はじめに会社設立にかかる費用ですが、まず株式会社を設立する場合、公証役場に支払う手数料が50,000円、定款の収入印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円かかります。
定款は電子定款にすることで0円にできますが、設立費用として最低でも200,000円から240,000円かかることになります。
それ以外にも資本金が必要になりますので、資金調達もけっこう大変になります。
合同会社の場合は定款の認証を必要としませんから、少し安くなるものの、それでも設立費用は60,000円から100,000円、そこに資本金がかかります。

一方個人事業主は個人で開業届を税務署に提出すればすぐにはじめられますので非常に簡単です。
特別にかかる多額な費用もありませんし、自分の用意できる範囲の資本でできますから、サラリーマンであろうが主婦であろうが関係なくはじめられます。
会社設立するとなると市町村役場や税務署、公証役場、法務局等で各種手続きをしなければなりませんし、必要書類の作成にも時間がかかりますから、自分一人では難しいと思います。

このように費用の面からみると個人事業主は非常に簡単なので、その点は会社設立するよりもいいかもしれません。
しかし会社設立は費用をかけている分その恩恵を受けることができ、たとえば社会的信用という面では法人化することで大幅な変化があると言われています。
取引するところの中には法人としかやり取りしないというところもありますし、銀行からの融資も広がりますので、その点では法人に分があります。
また経費の幅も広がりますし、赤字の繰り越しも3年から7年に延びます。
会社設立と個人事業主では費用の面でも違いがありますが、それ以上に中身も違いがありますので、費用だけでなく内容にも注目してください。