サラリーマンから起業

近年、事業を起こしたいと考える人が大幅に増加しており、サラリーマンから起業家へ転身するケースもどんどん多くなっているそうです。
それではそういった人たちは会社設立と個人事業主のどちらを選択しているのでしょうか?

まずサラリーマンの場合、安定している状態を捨てて起業することになるケースが多いため、はじめること自体リスクを背負うことを忘れてはいけません。
サラリーマンは企業に所属しているだけなので、万が一企業内の経済が破たんしても自身に大きな負担がのしかかることはありませんので、被害は最小限に抑えることができるでしょう。
しかし自身が経営者となれば万が一の事態になれば大きな負担がのしかかりますので、サラリーマン時代よりも高いリスクマネージメント能力が求められます。
また、企業の中には副業を禁止しているところも多いため、おおっぴらに事業を起こすことができない場合もあります。

そこでまずは個人事業主として開業し、事業が上手くいきそうであればサラリーマンをやめて会社設立するという人が多く、それならリスクも比較的少なく済みます。
さらに家族がいる場合は自分がサラリーマンをしている間は家族に経営者をやらせて、自分がやめたら交代するというやり方をしている人もいます。
いずれにせよ重要なのはいかに円満にサラリーマンを辞めて事業を成功させるかですから、どちらもうまく進めていくのが一番いいのです。

そのためには戦略的に進めていくことが肝心なので、自分だけでなく周囲の協力も得ながらやっていかなければならないでしょう。
自分だけで情報収集してはじめるのもいいですが、サラリーマンを続けながら個人事業主でスタートし、その後会社設立というルートを考えているなら、タイミングをしっかり見極めるためにも会社設立に詳しい専門家にも頼った方がいいかもしれません。
最近では会社設立を専門とする業者もありますし、会計事務所でも相談に乗ってくれます。