相談できる場所

個人事業主から会社設立するときに相談できる場所はどんなところなのでしょうか?
まず個人事業主とはあくまでも個人でやっている商売なので、開業も税務署に簡単な届出をするだけでできますし、法人税も必要ありません。
一方会社設立となると、手続きも複雑になりますし、かかる費用も大きくなります。

資本金も用意しなければなりませんし、そこで働いてくれる従業員を集めたり、いろいろな届出もしなければならず、個人事業をスタートするときとは比較にならないくらいやることが多くなります。
会社設立では本店所在地をきめたり、約款を作ったり登記をしたり、費用を工面したりとやることがたくさんあります。
会社設立に関する知識がない人だと戸惑う部分も多くなりますので、まずは知りたいところはどこなのかを明確にして、そこから相談できる場所を探していきましょう。

たとえば会社設立の手続きに関する相談であれば、税理士や司法書士、行政書士に頼ればアドバイスをもらえますし、これらの資格を持つ人は各種書類の作成も代行してくれます。
特に司法書士は定款はもちろん、法務局へ提出する登記書類の作成もできますから書類作成について悩んでいるなら一番いいかもしれません。

一方、税金に関する相談をしたいという人も多いと思いますが、その場合は税理士が良いでしょう。
税理士はその名の通り税金のエキスパートですから、会社設立にあたって発生する税金を詳しく教えてくれますし、そのほかにも資金調達の方法や補助金についてもアドバイスを受けられます。
最近では中小企業診断士や社会保険労務士の資格を持つ税理士も増えており、そういった人たちは税金以外の面でも力になってくれますから、会社設立と同時に顧問契約するのもいいでしょう。

さらに会社設立を専門とする業者も出てきていて、こうした業者は会社設立手続きを生業にしていますから、最初から最後までしっかり相談に乗ってくれますし、手続きの代行もしてくれます。
このように会社設立にあたって相談できる場所はたくさんありますから、自分の求めている答えをもらえそうなところに当たってみてください。