会社設立と個人事業主を比較

これから事業を起こしたいと考えている方はまず会社設立と個人事業主をいくつかの角度から比較してみることをおすすめします。
なぜならどちらにも良いところがあり、事業内容や規模によってそれが活きるかどうかが分かるからです。

それではまず税金面で見てみると会社設立の場合、節税という面では個人事業主よりも優れていて、たとえば経費の幅が広がるところは会社設立のメリットのひとつです。
会社設立すると自分にかけている生命保険も経費として計上することができますし、家族を従業員にしている場合、その人に支払う退職金も経費にできます。
また会社の利益は相続税の対象にはなりませんので、ここも個人事業主とは異なる点です。
ただし法人の場合、毎年法人税を支払う義務がありますが、個人事業主の場合は所得税になりますので利益が出なければ税金が発生しないというメリットもあります。
そして個人事業主は交際費が全額経費として計上できますし、一概にすべての点で会社設立に軍配が上がるとは言い切れない部分があります。

次に信用面で見てみると、これは圧倒的に会社設立が有利で、銀行や取引先との関係も会社設立すると急速に良くなると思います。
中には法人しか取引しないというところもあるくらいなので、個人事業主である以上信用面では法人には勝てません。

最後に自由度という観点から見てみると、これは個人事業主が有利で、なぜなら個人事業主はあくまでも個人で営業しているので廃業する場合もお金がかかりませんし、税金のところでも言ったように利益が出なければ所得税を取られることはないのです。
休日も自由に設定できますし、確定申告も税理士に依頼する必要がないくらいシンプルですからここは会社設立より優れていると言っていいでしょう。

このように会社設立と個人事業主を比較してみるとそれぞれ良いところがありますから、これから事業を起こしたいと考えている方は特徴をよく調べて、自分に合ったほうを選択してほしいと思います。