会社設立と個人事業主のメリット

会社設立か個人事業主にするか、これから事業を起こす人の中にはふたつの選択肢で揺れている人も多いのではないでしょうか?
会社設立も個人事業主もそれぞれメリットがありますから、その点をよく把握して適切なほうを選んでください。
それではここからこのふたつのメリットをそれぞれ紹介していきますので、参考にしてほしいと思います。

まず最初に会社設立するメリットですが、これは何といっても規模を大きくできるところにあります。
たとえば株式会社を立ち上げると株式を発行することができますから、それを公開して買ってもらい株主を増やしていけば運営資金はどんどん増えていきます。
そうすると事業の拡大も可能になってくるので、可能性は無限大と言っていいでしょう。

また取引先が増えると横の繋がりも広がっていきますから、人脈という点でも大きなメリットをもたらします。
横の繋がりが広いともし会社がピンチになったときにも助けてくれるところが出てくるかもしれませんし、困った時の相談相手としても役立ちます。
さらに信用と言う面でも法人になると飛躍的に向上しますので、将来的に規模を大きくしたいと考えているなら会社設立が良いでしょう。

一方個人事業主のメリットはお金をかけずに事業をはじめられるという点で、会社設立の場合設立費用だけで200,000円程度かかりますし、そのうえ資本金なども準備しなければなりません。
しかし個人事業主なら少ない資本でも十分にスタートできますし、自分のやりたいことをやりたいときにできます。
もちろん将来規模を大きくするなら法人化したほうがいいのですが、まずは個人事業主からスタートしてどのような展開になるのか様子を見るのもいいと思います。

さらに個人事業主は所得税を納めることになるので、儲けがなければ税金を支払う必要がありません。
つまり法人よりもリスクを少なく抑えられますから、できるだけリスクを負いたくない人にもおすすめです。