会社設立における登記の申請!司法書士に依頼すると費用はいくらかかる?

 
会社設立をするときは書類を作成したり、手続きや必要書類などを集めたりやることが満載でとても自分ではできないと思っている人も多いでしょう。
そんなときは、まず司法書士に頼んで登記を行ってもらうのがおすすめですよ。

 
・司法書士が行ってくれること!
司法書士は登記を行うことに優れていて、会社設立における登記までの手続きを代理で行ってくれます。
司法書士に依頼をして登記をしてもらう場合は、登記に必要な手続きをすべて任せることが出来ます。
このため、自分で登記の申請を行わなくても、定款の作成や認証、登記の申請に至るまですべての手続きを一貫して依頼できるのが特徴です。
司法書士がすべての手続きを行ってくれるということは、自分で手続きをしない代わりに司法書士に対して報酬を渡さなくてはなりません。

 
・司法書士の報酬はどのくらい?相場は?
司法書士に定款の作成や認証、登記の申請に関する手続きを行ってもらう場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
司法書士に登記の申請までを依頼したときは、各事務所や知名度によっても費用が異なります。
大体の相場で言うと約20万円~30万円だと言われています。
また、報酬の他にも交通費や郵送費などを別途で支払わなければならないこともあるため、30万円程度の費用がかかると思っておいたほうがいいでしょう。
しかし、司法書士の場合は電子定款で手続きを行ってくれるため、自分で行うよりも4万円の節約が出来ます。
仮に、20万円で司法書士に依頼できるとなれば、20万円(司法書士の報酬)-4万円(電子定款での節約分)=16万円を余分に支払えば登記までの手続きを行ってもらえるということになります。
これを安いと感じるか、高いと感じるかは自分次第ですが、自分で手続きが出来ないという場合は登記を司法書士に依頼したほうがいいでしょう。

 
このように会社設立における登記の手続きは、司法書士の専門分野です。
このため、司法書士に依頼をすれば、手間がかかることもなく最低限の日数で会社設立をすることが出来ます。
自分で行うことと言えば書類の確認や押印をする、資本金を振込むくらいなので自分で定款の作成が出来ないという人も司法書士に依頼をしたほうがいいでしょう。
司法書士に登記の依頼をしたときは、20万円~30万円程度が相場だと言われているので、これくらいの費用ですべての手続きを行ってもらえるなら司法書士に依頼したいという場合は、安くてもしっかりと登記を行ってくれる事務所を探しましょう。